毛穴を開いてスルッと洗顔♥ホットタオルの作り方

いちご鼻対策は、日常のスキンケア、特に洗顔と保湿が有効です。
このページではクレンジングと洗顔のポイントをまとめています。その日の汚れをその日のうちに洗い流すためため、基本を押さえてしっかりケアしましょう。

洗顔の正しい手順は、次の流れです。

洗顔の正しい手順
  1. 毛穴を開く
  2. クレンジング(夜のみ)
  3. 洗顔
  4. 保湿

毛穴を開く効果

毛穴が閉じたまま洗顔すると、汚れが落ちにくく、洗顔してもスッキリできません。洗顔の前に毛穴を広げておけば、汚れが落ちやすくなり洗顔効果がUPします。

これからご紹介するホットタオルや半身浴は、毛穴が開くだけでなく、血のめぐりが良くなり、肌のターンオーバーも助けてくれます

汗を書くときに毛穴が広がるのと同じで、温めると自然に毛穴が広がります。
無理やり毛穴を開くのではなく、じんわりと温めてやさしく毛穴を開いてあげましょう。

ホットタオルで毛穴を広げる

ホットタオルは、①タオルをお湯で温める方法と、②濡れタオルを電子レンジで温める方法で作れます。

ホットタオルを顔に乗せて1~2分すれば、毛穴が広がっています。
鼻だけでなく、血管が集中している目の周りも覆ってあげると、血行が良くなり毛穴が開きやすくなります。

ホットタオルは、風呂の温度よりやや熱い43℃を目安に作りましょう。熱すぎると必要な皮脂まで溶けてしまいます。顔に乗せて気持ちいいと感じる温度でOKです。

ホットタオルを乗せるのは1~2分でOKです。タオルが冷え切る前に切り上げましょう。

ホットタオルの使い方
  • 顔に乗せて気持ちいい温度で作る(43℃くらい)
  • 目・鼻を中心に乗せる
  • 顔に乗せる時間は1~2分

ホットタオルの作り方

洗面器で作る場合
  1. 洗面器に熱めのお湯を入れる(43℃くらい)
  2. フェイスタオルを1の洗面器に入れる
  3. タオルがお湯で暖まったらギュッとしぼる

帰宅後すぐなど、お風呂以外のタイミングでホットタオルを使う場合は電子レンジを使うと簡単です。加熱時間は機種によって変わるので1分を目安に調整してください。

電子レンジで作る場合
  1. フェイスタオルを水でひたひたに濡らし、ギュッと絞る
  2. タオルをたたんでビニール袋に入れる
  3. 電子レンジで約1分間加熱
    ※過熱が足りない場合は再度加熱してください

お風呂で毛穴を広げる

お風呂に入るだけで、毛穴を広げることも可能です!お風呂で洗顔するなら、ホットタオルは使わなくてもOKです。

湯船につかると、温度と水圧で全身の血行が良くなり代謝が上がります。
さらに、浴室の蒸気がスチーマーの役割を果たし、毛穴が広がりやすくなります。

半身浴など、毛穴がじんわりと広がるまでじっくり湯船につかることがおすすめです。
お風呂で洗顔をする場合は、髪→体→半身浴→洗顔の順ですると、毛穴がしっかり開かせて、きれいに洗えます。

スチーマーで毛穴を広げる

スチーマーを使えば手軽に毛穴を広げられます。
毛穴を広げるだけでなく、マイナスイオンが出たり、化粧水が浸透しやすくなるという美容効果もある商品が多いのが嬉しいところ。

水の交換や、掃除など、少し手間がかかります。機械の中が汚れていると美容効果が下がってしまいます。

きちんと使えば、毛穴ケアだけでなく、顔全体の美容に良さそうです♥

ルナパン
毛穴を広げるひと手間は、簡単なのに効果大!毎日取り入れたいですね♥
おすすめの記事