いちご鼻に酵素洗顔!メリット・デメリットを知って毛穴レスを目指そう!

いちご鼻対策に酵素洗顔のメリット

酵素洗顔のメリット
  • 毛穴のつまりの原因・古い角質や皮脂をオフする
  • ターンオーバーを正常に導き、新しく健康な肌が生まれる
  • 角質をやわらかくし、肌のごわつきが解消する
  • 肌全体を覆う古い皮脂・角質を除去し、肌がワントーン明るくなる
  • 化粧水や美容液の浸透力UP
  • 剥がすタイプの毛穴パックより優しくケアできる

いちご鼻の原因・「角栓」は、古い角質(タンパク質)と皮脂でできています。
酵素洗顔に配合されている酵素、「タンパク質分解酵素」「皮脂分解酵素」が、これらの汚れに効率的に作用し、分解してくれます。

角栓や、古くなった角質を取り除くことで、ターンオーバーが正常化し、本来の健康な肌が生まれてくれます。
さらに、すっきり汚れを取ることで、洗顔後、化粧水や美容液の浸透力が高まります。

酵素洗顔は、いちご鼻を解消し、本来の美肌を取り戻すことができるのです。

酵素洗顔とピーリング・クレイの違い

酵素酵素の力で、皮脂や角質(タンパク質)を分解する。
ピーリングケミカル(酸)、スクラブ、レーザーなどで角質層の表面を削り取る。
クレイクレイ(泥)の特性で、皮脂や角質を吸着・除去する。

酵素洗顔は、毛穴に詰まった汚れ自体を「分解」します。
これに対してピーリングは、肌の表面の角質層を削り取り、汚れや古い角質を強制的に除去します。

酵素洗顔とクレイは、「汚れだけを取る」という点で似ています。酵素が「分解」することに対して、クレイは「吸着」することで、キレイにしてくれます。

いちご鼻に効く酵素の種類

毛穴のつまりには酵素洗顔が効果を発揮してくれます。

酵素とは、生物の体内で作られ、生命活動に欠かせない物質です。
唾液のアミラーゼ(デンプン分解酵素)や、胃液のペプシン(タンパク質分解酵素)など、人間の体内でもたくさんの酵素が働いています。

酵素は決まった物質にのみ反応します。タンパク質分解酵素と皮脂分解酵素と、自身の毛穴状況に合わせて選びましょう。

種類効果酵素名(例)
タンパク質分解酵素角栓、毛穴の黒ずみ・くすみペプシン、プロテアーゼ、パパイン酵素、ブロメライン
皮脂分解酵素毛穴のつまり、テカリリパーゼ

タンパク質分解酵素

  • 古い角質を分解・除去する
  • 黒ずみ・くすみの解消
  • 肌のごわつき解消

角栓の約7割は古い角質(タンパク質)です。タンパク質分解酵素を使えば、毛穴に詰まった角栓を除去することができます。

パパイン酵素は、パパイヤに含まれる酵素で、死んだ細胞にのみ効果があります。

数ある酵素の中でも、死んだ細胞(=毛穴に詰まった老廃物)のみに効果を発揮するパパイン酵素は、特におすすめです。

皮脂分解酵素

  • 角栓やメイクの残りなどに含まれた皮脂を分解・除去する

皮脂分解酵素は、余分な皮脂を分解・除去してくれます。ニキビや吹き出物ができやすい人におすすめです。
乾燥肌のかたは、皮脂分解酵素が配合されていないものを選ぶと良いでしょう。

いちご鼻対策に酵素洗顔のデメリット

いちご鼻対策に酵素洗顔は有効です。ただし、酵素は、強力ゆえに過剰な使用は厳禁です。

酵素洗顔のデメリット
  • 過剰な酵素洗顔は、必要な角質層にダメージを与えてしまう
  • 過剰な酵素洗顔は、肌のバリア機能を低下させる
  • 皮脂を過剰に除去すると、毛穴が乾燥で開いたり、皮脂の分泌を促進されるなど、いちご鼻の原因になってしまう。

肌もタンパク質と脂質でできています。過剰な酵素洗顔は肌の角質層まで傷つけてしまう場合があります。1週間に1回のスペシャルケアとして利用しましょう。

また、脂質分解酵素の入った酵素洗顔をすると、肌のバリア機能に必要な皮脂まで流してしまいます。酵素洗顔をした後は、普段よりもしっかりと保湿をしてあげましょう。

お風呂に化粧水を常備して、洗顔後すぐに保湿することがおすすめです!

いちご鼻に効く酵素洗顔の選び方・使い方まとめ

酵素洗顔の選び方・使い方
  • 1回分ごとに包装されているパウダータイプがベスト
  • 週に一度のスペシャルケアとして取り入れる
  • 洗顔後はしっかりと保湿をする
  • 自分の目的に合った酵素を選ぶ。
    • 死んだ角質のみ分解するパパイン酵素
    • 乾燥肌には皮脂分解酵素を避ける
ルナパン
初めて使った酵素洗顔がニキビケアのパパウォッシュ。
あれから15年。いちご鼻ケアで酵素洗顔に戻ってくるとは・・・
おすすめの記事